別れさせ屋とは具体的に何をするのか

– 探偵事務所や興信所が恋愛問題を解決できるの?

「浮気や不倫でお悩みの方は弊社〇〇探偵事務所までご相談にどうぞ!」
「〇〇興信所は、浮気や不倫でお困りの肩の味方です」

このような探偵事務所や興信所の広告を、誰でも一度ぐらいは目にしたことがあるのではないでしょうか?

そのために探偵事務所や興信所へ行けば、浮気や不倫での悩みがいくらか軽くなると思い込んでいる人も中にはいるようです。
確かに彼氏や旦那さん、または彼女や奥さんが他の異性と付き合っているかどうか不安に感じているのであれば、探偵事務所や興信所の調査結果に「浮気や不倫の事実はありません」と書かれていれば、不安は解消されます。

とかくヤキモチ焼きの人は、自分のパートナーがちょっとでも異性と接触を持つと浮気や不倫をしていると勘違いして大騒ぎしがちです。
何のやましいこともしていないのに、恋人や配偶者から疑われる本人は非常に迷惑です。このような相手の「迷惑な勘違い」で責められたり、また相手がいじけたりすることが重なれば、いつかは愛情も冷めてしまいます。
このような勝手な勘違いをやめるために、浮気や不倫調査で真実を確かめるのは良いことです。

でも本当に相手が浮気や不倫をしている場合では、探偵事務所や興信所からの結果報告や証拠を目にするだけでは、根本的な悩みは解決しません。
むしろ浮気や不倫の事実を目の前に見せつけられショックを受けたり、憤慨したりするのが一般的な流れです。

別れさせ屋とは具体的にどんなことをするのか

別れさせ屋は調査以上のことをする

言葉の通りに〈別れさせ屋〉は依頼主の要請で、ターゲットを誰かから別れさせるために行動する集団です。
対象となるのは恋愛関係だけではなく、友達や知人関係、場合によっては親戚関係を断ち切るために動くことも可能です。
例えば家族のメンバーが好ましくない友達や知人と付き合っていて心配なので、この友達を遠ざけるために別れさせ屋を頼ってくるというケースも稀ですがあります。

しかしやはり依頼内容のほとんどは、「自分の恋人や配偶者を浮気や不倫相手から別れさせて欲しい」「片思いしている相手の恋愛をこわして欲しい」などの、恋愛問題が背景にあるものになります。

一方で探偵や興信所が引き受けるのは、尾行により浮気・不倫の現場を抑えて証拠を入手し、調査報告書を依頼主に提出することです。つまり、依頼主の目的が「浮気・不倫の確認・立証」だけであるのなら、別れさせ屋の出る幕はありません。
慰謝料要求や有利な離婚のための「証拠」を確実に集めてくれる、信頼できる探偵事務所や興信所の力を借りれば良いのです。

しかし依頼主が最終的な目的が「自分のパートナーの浮気や不倫をやめさせたい」「相手の気持ちをまた自分に向けたい」という場合では、探偵事務所や興信所の業務内容である調査・報告だけでは対応できません。つまり、それより複雑な業務を遂行してくれる〈別れさせ屋〉の協力が必要になるのです。

別れさせ屋が手がける作業は大きく分けると〈調査〉〈計画〉〈工作実行〉という3つに分類できます。もちろんターゲットやターゲットの浮気・不倫相手に関する調査は、探偵事務所や興信所でも十分に対応できます。
しかし調査結果を元にして、別れさせるための最適なストーリーを考え、それを実行するためには、特別な知識と技術、そして経験が不可欠になります。
また、この3つの作業のうちどれかひとつでも不完全であれば、すべてが水の泡になってしまうことから、別れさせ屋の業務は非常に神経を使う高度な内容と言えるのです。

– こんな時には直接別れさせ屋へ

「自分のパートナーが浮気をしているかもしれない」
「夫に愛人がいるかもしれない」

このように相手の不義への疑いはあるけれど、確かではない時には探偵事務所や興信所に調査を依頼しても良いでしょう。
または相手の浮気や不倫の証拠だけを入手したい場合にも、探偵事務所や興信所で必要なデーターは手に入れられるはずです。

探偵事務所や興信所ではなく、別れさせ屋に直接相談する方が良いケースは、相手の浮気や不倫が明確で、その浮気や不倫を解消させたいと望む気持ちがある場合です。
浮気や不倫の期間が長くなると、それだけ愛情が深まり、また子供ができる可能性もあるので、別れさせるのが難しくなるので、なるべく早く手を打つことがとても重要です。
浮気や不倫の事実は明白なのに、探偵事務所や興信所に調査を頼み、その結果にしばらく悩んで、最終的に別れさせ屋に来るのでは、時間とお金の無駄になります。
また別れさせ屋では、他の探偵事務所や興信所の調査結果を鵜呑みにするのではなく、独自でターゲットやその相手について調査をするので、浮気や不倫が不確かな場合でも対応することができます。