別れさせ屋は何か違法なことをしているのか?

「別れさせ屋は法に触れる行為をしているのでは?」
と思う方も少なくないようです。確かに業者によっては明らかに違法な手段を使っているところもあります。また、詐欺まがいの契約で依頼主から大金を巻き上げているような悪徳業者も存在します。
その他にも過去に別れさせ屋が絡んだ犯罪も起きていることから、多くの人が別れさせ屋に対して良くないイメージを持っているようです。

「別れさせ屋に依頼をして浮気や不倫をやめさせたい」と思っていても、一方で「依頼主として自分が訴えられたらどうしよう」と不安を感じて、実際に別れさせ屋に行くことを尻込みしている方も少なくないようです。
別れさせ屋自体は違法な存在ではありませんが、明らかに法に触れる方法で調査や工作を行えば、別れさせ屋だけではなく、依頼主も訴えられる可能性は十分に考えられます。

ここでは別れさせ屋の違法行為について触れてみたいと思います。

別れさせ屋の業務内容 公安局への届け出がしてあれば探偵業務は合法

別れさせ屋が依頼主からの目的として対象者とその相手「別れさせる」ためには、まず身辺調査や状況調査から始めます。
対象者やその相手の情報を収集するためには、尾行、張り込み、聞き込みなどの行為が行われます。これは探偵事務所や興信所が行う浮気や不倫調査という業務と内容が一致するために、浮気・不倫調査の延長として〈別れさせ屋〉というサービスを提供しているところも多くあります。

日本には探偵業法というものがあります。探偵事務所や興信所が営業するためには、まず公安委員会への届け出が必要になります。つまり公安委員会への届け出をせずに、尾行や張り込みなどの調査行動をしていれば、これは明らかな違法行為となります。

最近では別れさせ屋のサービスを提供している探偵事務所や興信所が増えてきたようですが、目下のところ〈探偵業務法〉では別れさせ屋の業務に関する特別な規制はありません。ただし明らかに違法な手段で調査や工作を行う業者があれば、警察による取り締まりが行われているようです。
また今後別れさせ屋が関係するトラブルが増えれば、将来何らかの規制が制定されることも考えられます。

もし別れさせ屋に依頼することを考えているのであれば、その業者の探偵業法届出番号や、日本調査業協会の加盟員のかどうか確認してみることをお勧めします。

法律で認められている聞込み、尾行、張込み

探偵業の業務の適正化に関する法律第2条第1項というのがあります。

「この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう」

と定義されていて、「聞込み、尾行、張込み」は探偵の業務として認められています。

別れさせ屋は何か違法行為をしているのか

浮気調査が違法になる時

聞込み、尾行、張込みが探偵の業務として認められている一方で、そのほかの法律によりこれらの行為が違法として処罰の対象になるケースもあります。
例えば軽犯罪法第1条第28号に
「・・・不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとった者」
というのがあり、このような行為は処罰対象になります。
つまり調査行動が対象者に気がつかれてしまい、それを訴えられれば罰せられる可能性があるということです。
しかしプロの調査員であれば、対象者に気がつかれないように調査するのが一般的です。
また発信機などの取り付けも問題視される部分です。ただし音を録音するだけでは盗聴の罪にはならず、罪となるのは手に入れた情報を漏らした時です。
もちろん盗聴機を取り付けるために不法侵入したり、盗聴器の設置の際の器物破損、盗聴した時には電波法やで電気通信事業法に引っかかります。

グレーゾーンな調査行動

別れさせ屋が工作を成功させるためには、まず徹底的な調査で詳しい情報を手に入れることが大切です。不十分な情報を頼りに工作しても、成功する確率は低くなります。
しかし浮気や不倫をしている人はガードが固くなっていることが多く、情報の収集がかなり困難になります。

•人目につかないように会う
•注意深くいつも周囲を気にして行動する
•親しい人にも自分の恋愛を語らない

となればプロであっても情報を集めるのに苦労します。
このような場合に調査行動の一環としてハニートラップなど色仕掛けの作戦を使い肉体関係を利用して情報を集める手段もあります。しかしこれは金銭を受け取っての業務で恋愛ではないので、場合によっては買収防法違反や管理売春として処罰の対象にもなります。

しかしながらソープランドやデリヘルという、明らかに金銭が絡んだ肉体関係が行われている業界でも、グレーゾーンとして見過ごされていることが多いのを考えれば、調査のために肉体関係を持つのも、同じようにグレーゾーンとして扱われて、罰せられない可能性もあると言うことになります。

業者選びを慎重に

愛する人を取り戻したいために高い料金を払って別れさせ屋に依頼して、その結果トラブルに巻き込まれたり、訴えられたりするのは非常に悲しいことです。
別れさせ屋に依頼を考えたなら、まずは信頼できる業者探しから始めるのが賢明です。